イベント

クリスマスプレゼント~高校生の彼氏に手編みマフラーはあり?なし?

投稿日:

クリスマスプレゼント彼氏

もうすぐクリスマス。

大好きな人にクリスマスプレゼントをあげたいと思っている人も多いでしょうね。

高校生の彼氏には、一体何をあげたら喜んでくれるでしょうか?

高価なものをあげられる余裕がない場合、手作りで後に残るものを考えている人もいるでしょう。

でも手作りのもので後に残るものって、重くない?と思っているあなたに、現役高校生に聞いた答えをご紹介しますね。
(現役の某高校2年生の女子に協力をお願いしました)

スポンサードリンク

クリスマスプレゼント~高校生の彼氏に手編みマフラーはあり?なし?

最初に答えを言ってしまうと、「あり」です。

高校生なのに、あとあと残ってしまうものをあげたら、「重い・・・」と思われてしまうんじゃないかと思っている女子も多いようですが、案外そういう男子は少ないようです。

何より、既製品の多い世の中で、手作りのものは貴重と感じている男子も多く、それを自分のために作ってくれたことを嬉しく思うのだそう。

異性にプレゼントとして物をもらうこと自体に免疫が薄いこともありますし、高価なものをもらってしまうと、お返しにもっと高価なものを期待されても困る、と言う意見も多いですね。

また、日ごろ身につけられるもので、「あればいいけど、なくてもいいものは自分では買わない」ので、そういうものをプレゼントされると、とても重宝するようです。

とくにマフラーは、男性は社会人になるとさほど巻かない人も多いので、学生の時の思い出として、長く持っていてくれるアイテムの1つになっているようです。

ただ、少し気をつけたいこともあることは確かです。

 

スポンサードリンク

 

■ マフラーを手編みする際、気をつけておきたいこと

完全に付き合っている段階でのプレゼントならOKですが、まだ「付き合っている」ところまで行っていないのなら、困るし重い、ということです。

告白時に渡すようなことはやめましょう。

ファッションにうるさい男子は、その子の好みに合わないと受け取ってくれない可能性もあったりします。

ある程度の色や柄の好みはチェックしておきましょう。

受け取ったら必ず1度は使うことになるので、その時恥をかかないよう、質のいいものを作る必要があります。

必ず練習をし、だいぶうまくなってから作ったものを渡すようにしましょう。

手編みは安い毛糸を使うと、肌にあたる部分がチクチクして痒くなる場合があります。毛糸は良いものを使いましょう。
その日の気分で、プレゼントしたマフラー以外をつけることもあるでしょう。その時に「どうしてつけてくれないの?」と泣いたりしてしまうと、重い女と認識されてしまうので、お気を付け下さい。

自分が編んだもの以外のものをつけていても、何も言わないことです。

まとめ

「プレゼントは気持ちが大切」ですが、「初めて編んだんだから多少出来が悪くてもいいや」とは思わず、一生懸命に何度か練習しましょう。

本当のプレゼントとは、気持ちと物の両方の質が揃って初めて良いものになります。

手編みが初めてなら早くから初めて、クリスマスまでになんとかうまく出来上がるように練習しましょう。

スポンサードリンク



-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

全国ごちそうフェスティバル2015は大井町で開催!人気店や混雑情報

唐揚げ、どんぶり、ハンバーグ・・・。 スポンサードリンク 小さな子供から大人まで、 嫌いだという人を探す方が難しいくらい 大好きな人が多い食べ物を、 日本全国から集めた史上初のイベントです。 専門家や …

千葉のオートキャンプ場おすすめ5選と無料キャンプ場5選をご紹介!

ゴールデンウィークから夏休みにかけて予定はお決まりですか? 旅館やホテルで美味しいグルメを堪能して、観光地に行くのも好きだけど、アクティブにお過ごしの方はキャンプも候補に挙がっているのではないでしょう …

夏コミの暑さ対策!汗対策やメイク法 化粧直しにトイレは向かない

夏のビッグイベントに夏コミがありますね! スポンサードリンク 私も何度も行きましたが、地方とは違い、 あの人混みと暑さには嫌気がさしてしまいます・・・ それでも行くんですけども。 コミケ雲ともお友達~ …

夏祭りにアイスクリーム出店!屋外で保存の時はクーラーボックス?

待ちに待った夏がやってきますね! スポンサードリンク 私は夏が一番好きです。 1年中で2番目にイベントが多いから♪ 1番は冬のクリスマスとお正月ですが・・・ 子供たちも楽しみにしているお祭りもたくさん …

レッドブルエアレース日本で2016年も開催!詳細や混雑攻略法、雨天の場合

昨年、日本に初上陸したレッドブル・エアレース。 海面すれすれを最高時速370kmで飛ぶ、とても過酷なモータースポーツです。 昨年行われた第1回の大会では12万人の大観衆で盛り上がりました。 スポンサー …