カーペットの下の粉はなに?砂?白色と黄色では正体が違う?

公開日: 

カーペット1

今年の梅雨って、ちょっと温度が低いですね。

いつもはムシムシ、ジメジメしてて、
仕方なく早めにクーラーを入れるんですが、
今年はまだカーペットを片づけられません。

そのカーペット、掃除したり片づけたりするときに、
下に粉が落ちていることはありませんか?

我が家は何度かあります。

この粉がなんなのか?
粉の色によって違いがあるのか?

インテリア家具用品の販売を行っているニトリに聞いたことを
我が家の事例に合わせてご紹介しますね。

スポンサードリンク

カーペットの下の粉はなに?

我が家は全室フローリングなので、
春秋はカーペットを、夏はい草ラグを、冬は絨毯を敷いています。

い草ラグはさすがに洗えないので、掃除機で吸って、
濡れ雑巾で拭いて収納しますが、
カーペットと絨毯は、洗って収納しています。

絨毯はさすがに大きいので、主人の家に持っていき、
コンクリートの庭の上で、たわしで洗わせてもらっていますが、
カーペットは絨毯より小さめのものを安く買って、
それを洗濯機で洗っています。

ある時、敷物を変える時期に、カーペットを退けてみると、
下にたくさんの粉が落ちていました。

カーペットの下の粉は砂?

最初は砂かと思い、こんなに砂が入るのね~と思いながら
掃除機で吸っていましたが、
よくよく見ると、砂の色じゃないと感じました。

実家が農業をやっていて、砂は昔から手にすることが多かったので、
湿っていない砂、濡れている砂は何度も見ています。

湿っていないはずの砂なのに、
白というよりは黄色っぽいものがあり、
砂じゃないのかな・・・と思うようになりました。

スポンサードリンク

カーペットの下の白い粉と黄色い粉で正体は違う?

とりあえず床に敷く3種類の中で粉が出るのは
カーペットのみだったので、
(他のも少しは出ますが、大量に出るのはカーペットだったので)
買い替えることを視野に入れ、
近くのニトリに下見に行くことにしました。

そこで聞いたんですが、この粉は砂ではないそうです。

カーペットや絨毯の下に出る粉は、
実は、裏地と表地をくっつけている糊の一部が劣化して、
粉状になって剥離しているものだそうです。

白い粉だったり、黄色い粉だったり、
あるいは黒い粉が出るという人もいるそうなのですが、
黄色い粉の場合は、裏麻のカーペットの場合、
麻を含むことがあるので、そういう色になるのだとか。

なので、使われている接着剤や、繊維によって
粉の色が変わるようです。

黒い粉は、ホットカーペットに多いようですよ。

我が家はホットカーペットは使わないので、
黒い粉は見たことがないのですが・・・

まとめ

粉がたくさん出るカーペットは、その時は買い替えました。

カーペットを敷いている場所は食卓用の机の下で、
その机で子供が宿題をしたりすると、
すぐカーペットが黒ずんできます。

消しゴムのカスや、鉛筆削りの粉なども落ちているのかもしれません。

勉強机でやるより、こちらの方でやったほうが落ち着くらしいのですが、
おかげですぐ黒くなるので、
ほぼ毎年、安いものを買い替えるようになりました。

さすがに毎年のように買い替えると、
粉も出る量が半端なく少なくなりましたが、
たくさん出る場合は、そのカーペットがくたびれている証拠です。

買い替えることを念頭に入れておいてもいいかと思います。

また、カーペットの下の粉は、カーペットの上に重いものを置けば置くほど
出てきます。

我が家のように食卓机を置いていると、
かなり重いものになるので、消耗が早いのかもしれません。

粉が落ちていても、必ずしも買い替える必要はありません。

粉が出ることを承知なら、掃除の際などに気になるところだけ
めくって掃除し、その他は掃除機やスチームクリーナーなどで
掃除していれば充分です。

ちょっと滑りやすくはなるかもしれませんけどね。

めくった際、床にベタベタしたものがくっついている場合は、
それは滑り止めが消耗した証拠なので、
買い替えられた方が滑らず安全かもしれませんね。

関連キッチンマットの下の床がベタベタ!粘着をきれいにとる方法は?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑