プール熱の症状は?兄弟がなったらもう一人はどうする?予防法は?

公開日:  最終更新日:2015/06/13

プール熱

幼稚園や小学校でプールの授業が始まると、
喉が痛くなったり熱が出たりと、
風邪の症状のようなものが出ることが増えますね。

でも、目が充血したりしていることもあり、
風邪・・・なの?と思うことも。

もしかするとそれはプール熱かもしれません。

我が家では今までありませんでしたが、
友人の息子2人がかかってしまったプール熱について、
どんな症状だったか、学校や幼稚園はどうしたか、
予防はどうしたかをご紹介しますね。

スポンサードリンク

プール熱の症状は?

プール熱は咽頭結膜熱とも呼ばれ、アデノウイルスが原因です。

[高熱]
・38~40度の高熱が4~7日続く。
・熱はなかなか下がらず、元気がなくなる。

[喉の痛み]
・喉が赤くはれ、4~5日間痛む。
・咳が出て扁桃腺炎を伴うことも多くなる。

[結膜炎]
・目が赤く充血し、痛み、目やにが出て、目を開けているのが辛くなる。

ほか、頭痛、寒気、食欲不振、吐き気、下痢、鼻水などの、
一般的な風邪の症状が出ることもあります。

発熱、喉の痛み、結膜炎は主な症状ですが、
必ずしも全てそろわないこともよくあります。

また、発熱と結膜炎が同時に発症するとも限りません。

消毒が不十分なプールなどでもらいやすいので、
幼稚園や学校でプールの授業が始まると、
症状が出る人が増えます。

今はスイミング教室などで年中プールにいる人も多く、
その時体調が悪かったりするともらいやすくなってしまいます。

感染力がかなり強いので、学校は出席停止になります。

スポンサードリンク

プール熱、兄弟のどちらかがなったらもう一人も休ませる?

感染力はかなり強いので、兄弟姉妹がかかったらうつりやすくなります。

ですが、必ずしもうつるとは限らないし、
家や幼稚園、学校でしっかり予防が出来ていれば、
心配することはありません。

とはいえ、熱はなかったとしても、喉の痛みや目の充血、
いつもより元気がないときは、
幼稚園や保育園などは連絡&相談後、お休みさせることになると思います。

これは通園しているところへ必ず連絡し、
指示を仰いでからでも十分です。

ただ、小学校以上になれば、はっきりとした病名がつかない限りは
出席停止にはならないので、
朝、元気がなければ小児科へ行ってから判断したほうがいいでしょう。

小学生以上の学生が、プール熱(咽頭結膜熱)と診断された場合は、
学校保健法により出席停止になります。

熱が完全に下がった翌日から2日間は、出席停止になっています。

熱は上がったり下がったりを繰り返すので、
土日に熱が出て月曜日に下がっていたとしても、
この時期はプール熱を疑い、小児科へ行ってくださいね。

プール熱は潜伏期間が5~7日間と長いので、
その間に学校へ行ってしまうと、知らない間に
周りの子にうつしてしまう可能性があります。

友人の場合、小学生のお兄ちゃんがもらってきてしまったのですが、
目の症状がなかったことで普通の風邪だと思い、
喉と鼻の症状のみだったので、2日間は学校へ行かせたそうです。

たぶんその時にうつった子がいたのでしょう。
その後、かなりの子がプール熱になったそうです。

弟もしかり、一緒にお風呂に入っていたのでうつってしまい、
兄弟ともどもお休みすることになったそうです。

1人が元気な時は1人がぐったりしていたそうで、
元気とぐったりが1週間ほど続き、
当時の友人は、かなりまいっていましたね。

プール熱の予防方法!

プール熱の原因であるアデノウイルスは、
プールだけで感染するわけではありません。

目をこすったり拭いたりしたハンカチなどからうつる危険もあります。

家族の誰かがかかったりした場合は、
その人が体を拭くのに使ったタオルなどは
洗濯するまで他の人は使わないようにしましょう。

感染者の使用したタオルやハンカチは、
洗濯する前に煮沸消毒(熱湯で10分ほど)または、
ハイターなどの塩素系漂白剤に漬け置きし、
完全にウイルスを殺してから洗濯機に入れるようにしましょうね。

他、感染の予防には、石鹸と流水で手や指についたウイルスを
よく洗い流すことです。

その後手を消毒用のアルコールで拭いたり、
ドアの取っ手なども同様にアルコールで拭き取ると、さらに安心ですね。

まとめ

予防法だけ見ていると、なんだかノロウイルス対策のようですが、
ノロウイルスは嘔吐したものの処分方法や、
その後の周辺の消毒などが大変ですが、
プール熱はそこまでの対策は必要ありません。

ただ、このアデノウイルスは1度感染した後も
何度も感染しますので、
うがいや手洗いでの予防は、続けるようにしましょう。

また、プール熱は高熱が出ることも多く、
熱が上がったり下がったりが1週間ほど続く場合があるので、
とても疲れてしまいます。

喉の痛みで食事が十分にとれないこともあるでしょう。

その場合でも水分はしっかりとらせてあげてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑