フローリングでの布団のカビ対策と落とし方は?除湿シートはどう?

公開日:  最終更新日:2015/03/17

d2758f98f65c2038503d61329bb2c8d2_s

一昔前までは寝室は畳が当たり前でしたが、
最近は畳の家もめっきり減りましたね。

フローリングに直接布団を敷いて寝ているご家庭も多いと思いますが、
気が付いたら布団にカビがはえていた!なんてことも。

畳の時は2、3日敷きっぱなしでも何ともなかったのに、
フローリングに敷いた途端、あっという間にカビがはえてしまったという方も
いらっしゃるようです。

 

スポンサードリンク

フローリングに敷く布団のカビ対策

フローリングに布団を敷いて寝ると、
布団をめくった時、床が濡れているときがあります。

原因は、布団の中の湿気と汗。

湿気や汗というと、梅雨時や夏を思い浮かべると思いますが、
冬でも寝汗をかいているんですよ。

 

そのままにしておくと布団にカビがはえてしまいます。
最初は黒いものがぽつぽつ・・・という感じで現れ、
そのうち汗染みの形で裏全体がべったり湿った感が残り、
ぎっしり発生します。

さらに放っておくと、フローリングまでかびてしまい、
思いもしなかった金額が必要になってしまうことがあります。

 

布団のカビの落とし方は?クリーニングでOK?

最近の布団はコインランドリーなどで洗っても大丈夫なものが多いですが、
それで表面上の汚れは取れても、カビ菌を取り除くことまではできません。

スポンサードリンク

洗いすぎると中綿が痩せてしまい、早くダメにしてしまうこともあります。

クリーニングに出しても完全に落とせるかどうかはわからず、
また、1枚5,000円以上かかることもあり、
布団を買い替える方が安くつく場合もあります。

 

布団のカビ対策に除湿シートは効果あり?

布団をこまめに干すことが大事ですが、
天気もあるし、毎日干すことは難しいこともありますね。

そんな時でも布団の湿気を逃がすことを考えましょう。

フローリングと布団が密着しないよう、
除湿シートを敷くものよいでしょう。

すのこを敷いているという人も多いようですが、

狭い部屋なら圧迫感を感じる
収納が大変
すのこ自体がカビた

という意見もあり、
手入れする時間のない人にはおすすめしません。

 

私は除湿シートを敷いています。

除湿シートは薄く軽いので、
布団を干すほどの体力がなくても簡単に干せますし、
天気の悪い日も部屋の中で乾きます。

布団は、さすがに敷きっぱなしにはしていませんが、
毎日干しているわけでもありません。

それでも使いだしてからカビがはえなくなったので、
効果があるのだろうと思っています。

 

まとめ

カビがはえた布団で寝ると気持ち悪いということもありますが、
カビ菌は健康面に影響を与えます。

フローリングに布団を敷く場合は、
たとえ万年床にしていなくてもカビがはえやすいので、
湿気や汗を逃がすことを考えておきましょう。

少しでも簡単にできる方法を選ぶことが、
毎日続けられるコツですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑