キャンプ~テントの中を快適な寝心地にする方法!マットレス?寝袋?

公開日:  最終更新日:2016/04/28

キャンプテント

テントの中で過ごすという非日常的な空間を楽しむのがキャンプの醍醐味ですが、初めてキャンプをされる方はふだん布団で眠ると違うので、慣れるまでは寝づらいと感じる方が多いと思います。

寝心地のよい便利なマットもたくさん販売されていますが、次のキャンプにつなげるためにもできれば低コストで寝心地をよくしたい!

もちろん大荷物にならないよう持ち運びやすさも大切ですね。

テントの中を快適に過ごし、寝心地をよくする方法をご紹介します。

スポンサードリンク

キャンプ テントの中を快適な寝心地にする方法は?

まずはサイト選びですが、初めてキャンプをされる方はやわらかい芝生がおすすめです。

オートキャンプ場のほとんどが芝生のところが多いですので、まずはこちらから始めてみるとよいでしょう。

地面は平らで水たまりがなく、水はけがよいかどうかを確認し、設営場所に小石があれば拾っておきましょう。

最近のキャンプ場は整備に気を遣っているところが多いですので、きれいに石などを取り除いているところが多いですが、設営後に石でゴロゴロしたというとになると二度手間になりますので、忘れずに確認しておきます。

テントは通気性がよいものが多く販売されていますが、手荷物などでふさがることも考えて、少し余裕をもたせておきましょう。

テント内の人数が多すぎると、人の熱気が蒸発し湿度が高くなり寝心地が悪くなりますので、人数分の広さより少し広めを選ぶようにします。

大人数の場合は、テントの数を増やして分けて利用してもよいです。

その後、後ほどご紹介しますマットレスやシュラフを用意して寝心地の確保していきます。

車中泊の場合はどうする?

フルフラットにできる車をお持ちの方は、車中泊をするという選択もあります。

ほとんどのキャンプ場で車中泊は可能ですが、念のため確認した方がよいかもしれませんね。

車中泊のメリットは、テントを用意したり設営をする手間が省けること、急な雨や風に強いこと、施錠ができるので荷物の盗難を防ぎやすいこと、容易に移動ができることなどが挙げられます。

車の中もテントと同様にシートに凹凸がありそのままで寝ることはとても寝苦しいものですので、マットレスを敷くなどの対策が必要です。

それに、車中泊はテントよりも気温や湿度の影響を受けやすく、夏は暑く冬は寒いです。

窓の開けても涼しくなるとも限らない場合が多いですので、テントと同様に温度調整できる服装やシュラフやマットで寒さ対策をする必要があります。

また、体の熱で湿度が上昇し、窓に結露ができて車内が濡れることがありますので、少し窓を開けて換気をした方がよいでしょう。

窓を開けると蚊や虫などが入ってくる場合もありますので、車用の網戸を用意しておくとよいです。

車中泊をよく経験されている方は、車の屋根にルーフテントを取り付けている方も多くいらっしゃるでしょう。

使用しない時は折りたたんで屋根に取り付けたまま運ぶことができて便利ですし、使用する時は閉め切った車内よりも開放的に過ごすことができて安心です。

高価でありますが、車中泊を快適に過ごしたい方にはおすすめの方法です。

キャンプ場内の服装はどうする?

キャンプ場内は、突然雨が降ったり霧が出たり、虫が発生したりなどの万が一に備えて、長袖を用意しておいた方がよいでしょう。

暑い時はいつでも脱ぎ着ができるよう下に半袖Tシャツを着ておくとよいです。

シュラフに入った時に予想以上に寒かったということもありますので、着込むことも考えて、ナイロンやポリエステルなどの薄手の化学繊維の素材のものを選ぶとよいでしょう。

化学繊維のメリットは、薄く軽いこと、雨にも強く乾きが早いことが挙げられます。

綿素材のものは湿気を吸いやすく着心地が悪くなる可能性がありますので、気候によっては注意が必要です。

ジャージやスウェット、フリースなどを利用するのもよいですが、軽さと防水性が兼ね備えてあるウインドブレーカーは、雨具としても使用できますのでおすすめです。

スポンサードリンク

キャンプ用のマットレスの寝心地は?

テント床に敷くものは、マットレスのベースとなる、グラウンドシートやインナーマット(銀マット)があり、その上にウレタンマットやエアーマット、インフレーダブルマットなどのマットレスがあり、それに加えてシュラフ(寝袋)が必要です。

いきなり専用のものを全て買い揃えるのは大変なので、最初はマット類のいずれか1つとシュラフから始めて、他の敷物はご自宅にあるものを代用しながら、慣れ始めとともに徐々に買い揃えていくことがベストです。

テント床に何を敷けばよいの?

グラウンドシートはテントの下に敷くもので、テントの汚れや傷を保護する他に、地面からくる冷気や湿気を防ぎますので必ず敷きましょう。

こちらは市販のブルーシートやお風呂マット、ジョイントマット、ダンボールや新聞紙などでも代用できますが、厚手のもので強度や耐久性が強いものを選ぶことがおすすめです。

次にテントの中に敷くインナーマットですが、アルミ素材でできた銀マットは断熱効果が高いため、よく使われています。

持ち運ぶ際にかさばりやすく、クッション性が低くカサカサした音が気になるなどのデメリットがありますが、敷くのとしかないのでは暖かさに差が出ますので、季節問わずに最低限持っていた方がよいです。

折りたためるタイプのものやレジャーシートになるタイプなど、さまざまなメーカーから出ていますので、使いやすいものを選びましょう。

その上に、敷布団の役割をするマットレスを敷きます。

寝心地も大切ですが、持ち運びやすさや設営しやすさも考慮して選ぶと良いです。

【ウレタンマット】
メリットスポンジのようにふかふかして寝心地がよい
メリット折りたたみ式、ロール式など種類が多い
メリット空気を入れないので穴あきを気にする必要がない
デメリット吸水しやすいので湿気に気をつける
デメリットコンパクトになりにくくかさばりやすい

【エアーマット】
メリット地面の硬さや凹凸を吸収し寝心地をよくする
メリットコンパクトで持ち運びやすい
デメリット寝返りで振動が伝わりやすい
デメリット空気を入れる量が多く大変である
デメリット穴が開きやすいので注意が必要

【インフレーダブルマット】
メリット空気の取り込みが簡単で、空気の量を好みで調整できる
メリット空気の量が少ないので寝返りの振動が伝わりにくい
メリット軽く持ち運びしやすい
デメリット高価
デメリットエアマット同様に飛び跳ねなどで破れやすい

 

それぞれ特徴が異なりますが、いずれもコンパクトに収納できるものや自動的に空気が入るものなど次第に使いやすく改善されてきています。

マットレスは一度寝てみないとわからないというのもあり、寝心地が自分に合わなかった失敗もありがちですので、初心者のうちは使い古した毛布やタオルケットなどを利用したり、安価なマットから始めたほうが無難かもしれません。

テント泊の回数を重ねて、自分に合ったマットを慎重に選んでいくとよいですね。

後ほどシュラフについてご紹介しますが、封筒型シュラフを広げて利用する方法もおすすめです。

夏は暑くシュラフが必要なかったという場合もありますが、敷布団として使えるという方法を覚えておけば、持参しても後悔することはありません。

シュラフは最低限必要なものなので、良いマットを持っていなくても代わりが利きやすいのでおすすめです。

より快適に眠れる方法はある?

より眠りやすくするためには、コットを利用することがおすすめです。

こちらは、一人用の簡易ベッドですので、人数分用意する必要があります。

持ち運ぶ際重く高価でありますが、一番快適に眠れる方法です。

先ほどご紹介したマットレスと併用すると、より効果が増します。

キャンプに慣れ始めた頃に思い切って購入するのもありかもしれません。

キャンプの寝袋、寝心地をよくするにはどうする?

シュラフは、封筒型とマミー型の2種類があります。

【封筒型】
メリット全開に広げて利用出来る
メリット繋げられるものもある
メリット長いシーズン使える
デメリットかさばりやすい
デメリット冬の単独利用は寒く防寒グッズと併用するな工夫が必要

【マミー型】
メリット全体を包み込むので冬キャンプに活躍する
メリットコンパクトで持ち運びやすい
デメリット使用できる期間が短い
デメリット寝返りが打てないので、狭苦しく感じやすい

 

夏のキャンプはシュラフはなくてもよいのでは?と思いがちですが、雨が降り出して気温が下がったり、思った以上に現地が寒かった場合も備えて、用意した方がよいです。

先ほど挙げましたが、封筒型シュラフは広げて利用が可能なものが多いですので、敷布団や掛け布団など臨機応変に利用するとよいでしょう。

慣れている方は寝袋のみでマットはいらないという方もいらっしゃると思いますが、寝袋のみでは床の凸凹や断熱に対処できないので、寝心地をよくするためにはマットと併せて使うほうがよいです。

また、シュラフカバーやインナーシュラフを利用すると、より保温性が高くなり、からだの蒸気を吸収してくれるので、夜の寒さで突然起きてしまったり、汗で蒸れてしまったなどのトラブルが少なくなり快適になります。

封筒型シュラフ同士を繋げられるタイプもありますので、複数人で寝る場合は一つに繋げてしまった方がより暖かく眠れますので、涼しくなる時期はこちらの方法がおすすめです。

まとめ

テント床に敷くものとシュラフが寝心地を左右することをお伝えいたしました。

好みはそれぞれありますが、回数を重ねていくと自分に合った寝心地が分かってくると思います。

せっかくのキャンプを長く続けられるためにも無理なく自由な発想で、温度調整がしやすいコンパクトな服装で楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑