赤ちゃんの海水浴は何歳からOK?持ち物は何が必要?注意することは?

公開日:  最終更新日:2015/09/22

海水浴赤ちゃん

かわいい赤ちゃん、夏の暑いときには楽しい海に連れて行ってあげたいですね。

でも日差しも強いし、大丈夫かしら?

赤ちゃんのことをしっかり考えてあげるお母さんは素敵ですね。

赤ちゃんと一緒に楽しめるよう、お手伝いいいたします。

スポンサードリンク

赤ちゃんを海水浴に連れて行くのは何歳からならOK?

「日光浴が体に免疫を作る。皮膚を丈夫にする」と言うお話、聞いたことはありませんか?

でも実はこれ、一昔前の考えでして。

今は、子供の皮膚は大人の3分の1の厚み、赤ちゃんが太陽の下に30分いると、
やけどをさせているようなものだと言われています。

なので、行く必要がそんなにないなら、2歳や3歳になってからの方がいいのですが、
お兄さんやお姉さんのいる子なら、上の子にせがまれて
遊びに行かなければならないこともあるでしょう。

かくいう私も、海まで車で5分の距離だったので、
9ヶ月から海水浴デビューしました。

それでも色白で、元気に育っていますよ。

赤ちゃんとの海水浴、持ち物はなにが必要?

赤ちゃんと海水浴に行くとき、持っていたほうがいいものをご紹介します。

  • 日焼け止め
  • 濡れてもOKな帽子
  • 水遊び用パンツ
  • 紫外線対策用に長袖のラッシュガード
  • 首までしっかりガードできる帽子
  • 日陰を作ることのできるパラソル。テント型サンシェードでも
  • 波を怖がっても、海の水を入れて遊べるビニールプール
  • お砂場セットのようなものなどの遊び道具
  • ぐずり対策用のお気に入りのおもちゃ
  • 熱中症対策用の水分(水分を補給できる哺乳瓶や蓋付きストロー)
  • マリンシューズ(水に濡れていない砂場は抱っこで)
スポンサードリンク

基本的なものばかりですが、他にもこんなものがあるといいよ、というものがありましたら
コメントで教えてくださるとうれしいです。

赤ちゃんと海水浴へ行くときの注意点

7ヶ月を過ぎたころから1歳半くらいまでの赤ちゃんに多いのですが、
波を見て怖がる子が多いように思います。

お庭のビニールプールで遊ぶのは大好きなのに、
海に近づいた途端、号泣して、海に入らず帰ってきた、という人も多いんですよ。

そういう時のために、海がまったっくダメだった場合に遊びに行く場所を考えておく必要もあります。

また、真夏の日中は、海に行くとすぐ脱水症状になりますので、
月齢が低い赤ちゃんほど、夕方の6時以降に散歩程度に出かけるようにされた方が無難です。

大人でも日焼けをしてしまう時間は、赤ちゃんだとやけどをしてしまう可能性があります。
そんな場合、帰ってからの方が大泣きして大変なことになってしまいます。

たとえ楽しくても、20~30分で引き上げて帰られることをおすすめします。

おわりに

海の近くに住んでいる私でも、ねんねの月齢時には、
海水浴に連れて行くのはひかえました。

さすがに何かあると、あとが大変なので。

とくに肌が弱いとか、体が弱いなどある赤ちゃんには、
もし海水がいいと言われても、直接海に行くのではなく、
海水を汲んできて、家のビニールプールや浴槽に入れ
そこで入れてあげたほうが安全だと思います。

アトピーなどで海水療法を考え中の方は、
そんな方法もある、ということを覚えておかれてください。

赤ちゃんと楽しい海水浴は、もう少し月齢が過ぎてからでも大丈夫ですので、
急ぎすぎて大変なことにならないよう、気を付けてあげてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. 匿名 より:

    赤ちゃんの海水浴、ポリタンクに真水を持参すると、手をゆすいだり、プールに入れて遊ばせたりするのに便利でした。

  2. 管理人 より:

    なるほどです。

    ありがとうございました!^^

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑