恵方巻きの起源や由来は?食べ方に意味はある?子供用のおすすめは?

公開日: 

恵方巻き

恵方巻きを節分に食べると、縁起が良いと言われ始めたのは、ごく最近のこと。

【毎年決められた方角に向かって、無言で1本丸ごと食べる】
これが一般的なルールになりつつありますが、なぜこのような風習になったのか、ご存知ですか?

恵方巻きの風習がいつ始まったのか?
なぜ太い巻き寿司を丸かぶりするのか?
具材は7種類あるけど、必ずこれらを食べないといけないの?

など、いろいろ疑問があると思いますが、その答えをまとめてみました。

小さなお子さんがいるご家庭では、縁起が良いからって大きな恵方巻きを丸かぶりなんて…と思うことでしょう。

それに、楽しくおしゃべりしながらご飯を食べていたのに、
『節分の恵方巻きだけ無言で食べて!』
と教えるのもなかなか難しく、異様なことようにも思えますね。

恵方巻きの由来と、小さなお子さんがいるご家庭での恵方巻きの楽しみ方をご紹介しますね。

恵方巻きの起源や由来は?

そもそも恵方巻きの起源や由来はなんでしょう?

いろんな説がありますが、よく知られている説が2つあります。

  • 江戸時代の末期から明治時代にかけて大阪の商人が商売繁盛や無病息災を願うために始まった風習という説
  •  

  • 大正初期に大阪の花街で、節分の時期に漬けたてのお新香を巻いた細巻きを恵方に向かって食べたことから始まったという説

 

これらの説が始まったことがきっかけに、昭和初期頃に、『節分の日に丸かぶり ~この流行は古くから花柳界にもてはやされていました。恵方に向いて無言で壱本の巻寿司を丸かぶりすれば其の年は幸運に恵まれる』というチラシを配布し、庶民に広まっていったと言われています。

戦争が始まると、次第にこの風習は廃れていきましたが、戦後しばらくして、大阪海苔問屋協同組合が『節分の夜、恵方に向かって無言で家族揃って巻き寿司を丸かぶりすると必ず幸福が回ってくる…と昔から言い伝えられています』というチラシを寿司屋に配り、大阪の一部地域で流行が復活しました。

昭和52年に大阪で海苔祭りが開催され、「巻き寿司の早食い競争」があり、これがマスコミで取り上げられたことから全国に広まり、さらに平成になると、大手コンビニチェーンが「恵方巻き」という名前で販売を開始し、次第に販売エリアが拡大していったようです。

大阪の一部の地域の風習をきっかけに全国に広がり、今や一大イベントのひとつとして、変化していったようですね。

スポンサードリンク

恵方巻きの食べ方に意味はある?

皆さんが想像する恵方巻きは、具がたくさん入った大きな太巻きが多いでしょう。

これには、以下のような説があるからです。

  • 昭和初期に”丸かぶり”という言葉が使われて太巻きだったという説
  •  

  • ”鬼の鉄棒”を太巻きに似せて、これを食べることで一気に邪気を追い払うという説

 

具材は、七福神にあやかって7種類の具材を使用していて、主に
①かんぴょう ②しいたけ ③卵焼き(又は伊達巻) ④でんぶ ⑤きゅうり(又はみつば) ⑥高野豆腐 ⑦うなぎ(又はあなご)
が定番ですね。

7種類もの具材を使用するので必然的に太くなってしまいますが、実際お店に並んでいるものは、具材の数や長さ、太さがそれそれ異なっており、中には一口大にカットされたのものまであります。

太さや長さに関しては、特に指定はないようで、自分が食べたい量や大きさで選んでも大丈夫のようです。

中身も海鮮巻きやサラダ巻き、なんと恵方巻きロールというスイーツまでも販売していて、バラエティも豊かなこと♪

個性あふれる巻き寿司たちを見るのは、とても楽しいものですね。

家に小さなお子さんがいる方は、かんぴょうは硬くてうまく噛み切れないことも多いですし、まるごと1本はなかなか難しいので、柔らかく食べやすい具材にして、カットしたものにするなど、小さめを選ぶほうがよさそうです。

また、無言でかぶりついて食べるのは、「福を巻き込み縁を切らないため」と言われていますが、神社でお参りする神事を意味する説や、早食い競争の名残で無言になったという説があり、実際無言で食べることが良いことなのかは明らかではないようです。

つまり、具材も太さも長さも食べ方も、実際は決まりがなく、私たちが自由に選んで、普段の食事と同じように食べて良いと解釈してもよいと思います。

定番の具の中にも、かんぴょうやしいたけ、高野豆腐など、比較的多くの子供が苦手だと思う食材が多いですし、無理に食べさせる必要もないので、食べたい具財を一緒に選んで楽しんでもまったく問題ないでしょう。

まるごと一本食べさせたり黙って食べることも、小さいお子さんには厳しいことですので、いくら縁起がよいからって無理はしないようにしましょうね。

恵方巻き~子供用のおすすめは?

お子さんが小さいと、手作りされているご家庭も多いでしょう。

手作りのメリットは、

■防腐剤などの添加物を含まないので安心感があること
■太さや分量が調整できること
■子供の嗜好や食べやすさで具材が決められること
があります。

作る過程も楽しめますので、お子さんと一緒にチャレンジしても素敵ですね。

子供の好きな具材をいくつか挙げてみますと

  • カニカマ
  • ツナマヨ
  • とんかつ&キャベツ
  • マグロ納豆
  • エビフライ
  • 焼肉
  • たまご
  • 焼き鮭
などがあります。

味付けは、お子さんが大好きなマヨネーズ風味が喜ばれるでしょう。

海苔が口の中に貼り付いたり噛み切るのが苦手なお子様は、薄焼き卵を海苔代わりにしてみるのも面白いですね。

まとめ

いかがでしたか?

とくに形式にこだわらずに、自由に楽しんでよいことがわかっていただければ嬉しいです。

友人のお宅では、まだ恵方巻きを食べたことのない小さいお子さんがいて上手に海苔を噛み切れないので、卵で巻いた恵方巻きを作って、恵方巻きデビューをしたそうですよ。

聞いたときは、その光景が浮かんで来るようでした。

恵方巻きを作ったり食べたりを笑顔で楽しむことが、福を巻き込む近道なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑