フロントガラスが凍る!原因や効果的な対策は?内側の場合は?

公開日: 

フロントガラス凍る

寒くなってくると何が困るって、車で出勤するときにフロントガラスが凍ってしまっていて、それを取ったり溶かしたりするのに余分な時間がかかって、遅刻しそうになることです。

会社まで遠かったので、朝早く家を出ないといけないのに、支度に時間がかかってしまった時は、ヒヤヒヤものでした。

寒いときは、布団から出るのが辛いのにね~・・・

そんなあなたに、フロントガラスの凍結を解決する方法をいくつかご紹介しますね。

スポンサードリンク

フロントガラスが凍る!原因は?

自分の家の車はよくフロントガラスが凍ってるけど、お隣さんは凍ってない。
朝は凍ってないけど、会社の駐車場にとめてあると凍ってたりする。

こんなことはありませんか?

あまり凍らない車と、すぐに凍ってしまう車には、何が違いがあるのでしょうか?
そんな時には、こちらを確認してみてください。

① フロントガラスや窓に、撥水加工はされているか
② 車の汚れはどうか
③ 駐車場にどのくらい日が当たるか
④ 駐車場に屋根があるか
⑤ 駐車場に植木はあるか

①は、ちょっと見ただけではわからないかもしれませんが、②~⑤は見るとすぐわかりますよね。

フロントガラスが凍る原因は、放射冷却現象がメインにあげられます。

風が弱くよく晴れている夜には放射冷却が起きやすく、屋外に駐車してある車は窓ガラスやボディの表面付近の温度が、気温よりさらに低くなります。

すると周囲の水蒸気が昇華して氷の結晶になり、それが窓ガラスやボディに降り注がれることになります。

また水蒸気はガラス面の汚れの粒子に付着しやすいので、霜がつくガラスは汚れている場合が多いようです。

屋根があると屋根が防いでくれるので、フロントガラスや窓ガラス、ボディが凍ることはあまりないようです。

スポンサードリンク

フロントガラスが凍るときの効果的な対策は?

放射冷却が発生するとフロントガラスが凍りやすくなる。

ということは、放射冷却を防ぐことができれば凍らないようにすることができますね。

凍結を予防する方法

① 屋内駐車場や、(屋外でも)屋根付き駐車場を用意する
・建物の中に駐車したり、屋外駐車場に屋根を取り付けることにより、フロントガラスやボディが凍らないようにできます。

② 駐車場に庭木を植える
・近くに大きめの植物があることで、底冷えが抑えられる可能性があります。
※実際に植え込みなどの多い駐車場では、フロントガラス等が凍っていない車があります。

③ 日光のあたる駐車場に駐車する
・太陽の力は偉大です。車に乗る前に朝日が当たっていれば、凍結しても溶けている(あるいはすぐ溶ける)場合があります。

とはいえ、これらには高額な費用がかかる場合があるので、おすすめはできません。
比較的少ない費用で凍結を予防出来る方法はこちらになります。

④ バスタオルや毛布、フロントカバーなどでフロントガラスを覆う
・フロントカバーは車内のシフトレバーやサイドレバーに引っ掛けるだけの、簡単なものがあります。

・バスタオルや毛布は、飛ばないように設置する必要があります。
・バスタオルや毛布の場合、雨で濡れると片づけるのに手間がかかります。

凍結後の対策

屋外で屋根のない駐車場では、予防らしい予防はあまりできませんが、凍結後の方法をいろいろご紹介します。

① クレジットカードのような硬さのカードや、スノースクレーパー(へら)を使って凍結を取り除く
・安上がりですが、凍結がとりきれないこともあります。

② 解氷スプレーを使う
・1缶400円少々なのでお手軽感があります。

竹原 解氷スプレー 330ml F-45

竹原 解氷スプレー 330ml F-45
価格:379円(税込、送料別)

・ガラスに撥水加工がしてあると、取れてしまいます。
・スプレーはアルコールタイプで溶かしますが、暖房スイッチに注意しないと室内が臭います。
・スプレーで1度溶かしても、再度凍ることがあります。

③ ぬるま湯をかける
・時間のない時はすぐに溶けるので助かりますが、フロントガラスが割れる可能性もあります。
・周りの気温が低いときは、車を出発させた時、冷たい風で一気に凍ることがあります。

④ 暖機運転をし、ある程度溶けたところでワイパーを動かす

⑤ エンジンスターターを導入する

 

⑥ 撥水加工する(撥水剤を塗る)
・凍結しなくはないが、ヘラで軽くなでるだけで面白いように取り除くことができます。

⑦ ウォッシャー液を寒冷地用にする
・-40度や-60度のものなどがあります。こちらを使えば使用直後に再凍結することは、ほぼありません。

 

ご自身と、ご自身の地域にあった対策を選ばれてくださいね。

ちなみに私の場合は、あまり朝早くは車を使わないようにしています。
どうしても使う必要がある場合は、暖機運転をし、ワイパーを動かしています。

出かけるつもりがなかったのに、子供の熱などで朝早く病院に出かける時は、暖機運転+ぬるま湯です。

カバーをかけるというのは、かけることも面倒ですが剥がすのも面倒に感じてしまいますね。
そこまで凍結がひどくない地域なので。

撥水加工はやってみたいと思いますね。

フロントガラスが凍る!内側の場合は?

結婚して北海道に引っ越した友人が、最初、フロントガラスの内側が凍って困っていました。

結婚するまで私と同じ地域で育ったので、そんな経験がないのです。

その後、どうしたのかを聞くと、以下の方法を取っているようです。

・乗り込むときは足についた雪を落とす。
・マメに室内のガラスや足元を掃除する。
・その日最後に車を降りるとき、ドアを開け、室内温と外気温を一緒にする。

とりあえずこれで大丈夫なようです。

内側が凍ってお困りの方は、1度お試しください。

まとめ

冬は日の出が遅く、寒いので、1分でも長く布団に入っていたいですよね。

ですが、フロントガラスが凍ると、溶かさなければ視界を奪われ、安全に運転することができません。

自分にできる対策をしっかりとられることをおすすめします。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑