羽毛布団の洗濯を自宅で!洗剤は何使う?ふわふわにする乾かし方は?

公開日: 

羽毛布団

寒くなると羽毛布団が恋しくなりますね。

私も使っていますが、夏用の羽毛布団もあり、タオルケットのように肌に巻きつかないことから、すっかり虜になっています。

冬も我が家は羽毛布団だけで、毛布は必要ないくらいあたたかいです。

そんな羽毛布団ですが、自宅で洗濯できないか気になっていたんですよね。

我が家の羽毛布団は10年ほど前に購入したものなんです~。
最近の羽毛布団はウォッシャブルOKのものもありますが・・・

なんやかんやで自宅で洗濯してみましたので、その時のことを書いておきますね。

自宅で洗濯しようと思っている人は、参考になさってみてください。

スポンサードリンク

羽毛布団の洗濯を自宅で!

洗濯してみよう!と思った際、最初にそれが洗えるかどうか、タグで確認しますよね。

ただ、私の羽毛布団は、その表示がありませんでした。
品質表示はあったんですけど、クリーニングの表示がなく、クリーニングに関してはこんな感じで書かれていました。

■洗い方
・なるべくクリーニングはお避け下さい。
・やむを得ずクリーニングなさる場合は、クリーニング店にご相談して下さい。
・クリーニングされますと、側生地及び、詰めものなどの性能を低下させることになりますので、出来るだけお避け下さい。

とにかく、自宅で洗濯はしないでね、ということですよね。

とはいえ、クリーニング店に出すとけっこうな料金を取られてしまいます。
すぐ近くのクリーニング店に確認すると、こんな感じでした。

シングル
側生地が綿のもの(シルクは不可)

・会員カード所持・・・・・・3,175円~
・会員でない場合・・・・・・4,200円~
※どちらもお渡しまでに1週間ほどかかる。

ネット検索すると、これでもかなり安い方のようです。

とはいえ、10年ほど前に購入したものなので、今更この羽毛布団にシングルでこれだけの料金を払うべきなのかどうか考えた末、自宅で洗濯することを決心したのでした。

私のだけでなく主人のものもありますし、新しいとはいえ子供のものもありますから。

その時にさらに突っ込んで聞いたのが、どんな羽毛布団なら洗えて、どんな羽毛布団なら洗えないのか。

答えはこんな感じでした。

・詰めものがダウンとフェザーならOK。ダウンが80%を超えているものならなお良い。
・羊毛や化繊のものは要相談。お渡しまでにさらに時間がかかる可能性がある。

<品質表示が消えていて、詰めものが何かわからない場合の確かめ方>
・ダウンとフェザーのもの(ダウンが多いもの)は、軽く、折りたたむと小さくなる。
・羊毛や化繊のものは、折りたたんでも小さくならない。
・羊毛はセーター、化繊はアクリルセーターを思い浮かべること。

そしてさらに。

・長年使った羽毛布団は、側生地が劣化して詰めものが出てきている可能性がある。
・羽毛布団カバーに入れて使っている場合、カバーを外して確かめる。

私の場合、羽毛布団は洗えないと思い込んでいたので、とにかく羽毛布団カバーを付け、それを天気のいい日に外して洗っていましたので、羽毛の詰めものが出てきているかどうかは毎回確かめていました。

幸い、側生地(とくに端の方)やキルティング加工された部分の劣化などは見当たらなかったので、洗う決心をしたのです。

羽毛布団の洗い方
① 襟元など汚れのひどいところを部分洗いする
・水をつけたスポンジに、おしゃれ着用の中性洗剤の原液をつけて、トントンと叩くようによくなじませておきます。

② 布団を三つ折りにして筒状に巻き、布団が入る大き目の洗濯用ネットに入れる

③ 洗濯機に半分ほど水を入れ、その中に②を入れる
・羽毛布団は水につけてもなかなかペシャンとならず、ポヨーンと浮いてきます。それを防ぐために、半分ほどの水にゆっくりとつけていきます。

④ 洗濯機のコースを選び(水量も必要なだけ)、中性洗剤を入れ、回す
・柔軟剤を入れると、乾かす際、羽毛同士がなかなか散らばらず、大変なことになるので、入れません。

⑤ 洗濯(洗い、すすぎ、脱水)が終わったら、羽毛布団を取り出し、中の羽毛を軽くほぐして干す
・このとき、羽毛をほぐすのは少々にしておきましょう。無理にほぐそうとしてもなかなかできませんし、側生地を傷つける恐れがあります。
・羽毛布団は日陰干しがいいそうですが、私は早く乾かしたかったので天日干ししました。
・物干し竿を2本使いして、布団の間に風が通るようにして干します。

スポンサードリンク

羽毛布団の洗濯、自宅でする際の洗剤は何を使う?

羽毛布団を選択する際、中性洗剤を使用すると良いそうなので、私はエマールを使いました。

中性洗剤ということなので、アクロンでもいいかとも思うのですが、エマールの香りが大好きなのです。

羽毛布団がエマールの香りになればいいなと思ったので、それを使いましたが、これは完全に趣味の問題です。

でも、洗濯石鹸よりは中性洗剤の方が、生地も傷みにくそうなのでいいとは思います。

ただ、長年使った布団の汚れを落としたいなら、中性洗剤ではしっかりとは落ちない可能性もあります。

友人は酸素系漂白剤を使ったそうです。

とくに問題はないように言っていましたね。

羽毛布団の洗濯、ふわふわにする乾かし方!

羽毛布団の洗濯は、実は洗い方より乾かし方に工夫が要ります。

これがちゃんとできないと、ふわふわにすることはできませんので、しっかり念頭に入れておいてくださいね。

羽毛布団をふわふわに乾かす方法
① ある程度乾いたら羽毛をほぐす
・キルティングの中で団子状に固まった羽毛を、指でつまんでほぐします。キルティングを両手で挟んでポンポン叩き、中の羽毛を散らばせる作業を2時間おきに数回行います。

② 生乾きくらいになったら、一度竿から外して、大きくバサバサと振り、また竿にかけて乾くまで放置
羽毛をほぐす作業をやらないと、団子状になった羽毛がキルティングの中で一ヵ所に片寄ってしまいます。
このまま乾かしてしまうと、乾いても布団はぺしゃんこのままです。

 

羽毛が団子状になり、キルティングの中で片寄った経験が、実はあります。

ダウンジャケットを洗った時です。

子供のダウンジャケットの袖の部分がかなり汚れたとき、家で洗えると聞いたので洗ってみたんです。
当時はそれだけを洗ったので、洗面台でぬるま湯を使って手で押し洗いしました。

汚れはある程度落ちたので、「やったー、洗えた♪」と思って、ハンガーにかけて室内干しをしたのですが。
団子状になってキルティングの中で片寄った羽毛を、乾いてからバサバサやれば大丈夫だろうと思い、しばらく放っておいたんですね。
その後、そのダウンジャケットは、羽毛が片寄ったまま乾き、使い物にならなくなりました。

子供が翌年に背が伸び、サイズが合わなくなったので、使い物にならなくてもよかったですが、主人のものだったら大変でした・・・

この経験があるため、乾かすときは神経質なほど羽毛をほぐす作業をやりました。
ほぐすとき引っ張ったりすると側生地を傷めるので、少々ほぐしては手のひらで叩くようにしてくださいね。

また、羽毛布団を自然乾燥で完全に乾かすのには、ある程度の日数が必要です。

私が最初に洗った時は8月だったので、朝7時から洗濯し、夕方の5時まで干していました。

冬に吐しゃ物などで汚してしまった場合は、やはりすぐに洗いたいと思いますので、洗ってもいいとは思いますが、3~4日ほど乾かしたほうがいいと思うんですよね。

吐しゃ物や、猫のおねしょなどで汚してしまった場合は、早く見つけられたら、羽毛布団カバーのみの被害で止められるかもしれません。

羽毛布団まで染み込んでしまった場合は、自宅で洗濯するか、失敗が怖かったらクリーニングに出すことをおすすめします。

まとめ

羽毛布団を自宅で洗濯してみてとてもよかったのは、洗う前よりふわふわになったことです。

新品のころのふわふわ感はすでに忘れてしまっているのですが、とにかく気持ちよかったですね。

気になっていた臭いも落とすことができましたし、エマールのいい香りがしていました。

ただ、洗ったら強烈な獣臭がして、どうしていいかわからない、という意見もあるようです。
その場合はたいてい、中の詰めものの表示が違っていたり、安い商品に多いようです。

「臭いがきついのでクリーニングに出したい」とお願いしても、断られる場合が多いそうです。

詰めものの表示が違っていたりした場合は、クリーニングをしても臭いは落ちないので、クレームをつけられたら困るからだそうです。

購入するときに気を付けておきたいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑