お彼岸に準備するものはなに?仏壇にお供えする花は?なんでもいい?

公開日: 

仏壇

お彼岸のとき、準備することとはなんでしょうか?

長男の嫁がお姑さんとあれやこれや話しながら
準備する光景を思い浮かべますか?

でも、お彼岸の準備は、長男の嫁がするとは限りませんよ。

長男が仕事の関係上、県外で家を建てたりしていたら、
家を継ぐのは二男、三男ということもあります。

そしてお彼岸の準備は、あとを継ぐ人や、
現在同居されている人が準備するのが普通です。

スポンサードリンク

お彼岸で準備するものは?

婿養子をもらっていて、現在の家は妻方の実家の場合は、
母親と娘なので、準備は簡単でしょう。

お彼岸中に何をどう準備するのか、
子供のころから何度かは目にされているでしょうし、
血のつながった親子なので
反発することがあっても、
それなりに準備が進むでしょう。

問題はその家に嫁がれたお嫁さんの場合です。

近頃では仏壇のない家に育った人も多いでしょうし、
たとえ実家に仏壇があったとしても、
実家と義実家との宗派の違いやしきたりの違いから、
苦労されるでしょうね。

この場合は、とにかく義母について回り、
準備する方法やお彼岸の過ごし方を勉強させてもらいましょう。

・お墓の掃除
・彼岸前の仏壇の掃除
・お坊さんやお客さんが来る前の掃除
・座布団や茶器の用意
・お布施のお金を新券に両替
・お供え物の買い物

こんな準備が思いつきますが、
全て自分勝手にすすめてはいけません。

義母に1つ1つやり方をしっかり聞いてからやりましょう。

また、同じことを毎年毎年聞くのは失礼に当たりますので、
1度聞いたらノートにまとめておくことをおすすめします。

仏壇の飾りつけが終わったら、
ノートにイラストを描いたり写真を撮ったりして、
詳しく記録を残しておきます。

何日前にどこのお菓子屋(和菓子店)などに
おはぎを注文する。

数は、値段は、支払いは・・・といったふうに
細かく記録しておくと、
昨年はどうだったか、メモを見れば簡単にわかりますものね。

そのノートも、出来ることなら
あとで義母に確認してもらうと、
なお良いでしょうね。

中には、お坊さんの出迎えを自分がしたほうがいいのかと
考えられている人もいらっしゃるようですが、
義母が健在でいらっしゃるのなら、
お任せして下さい。

スポンサードリンク

お彼岸時、仏壇にお供えする花はなに?

仏壇にお供えする花も、
その家々によって違います。

私の実家は、洋花はお供えしませんが、
主人の実家は、どんな花でもかまわないようです。

こんなことも聞いてから買いに行き、
お供えの用意が整った後にでも、
実家の方はどうだったか、お話されてもいいかと思います。

まとめ

とにかくお彼岸の準備は、
実家でもそうでなくとも、
準備の段階で1つも関わっていなければ
全てがまとまらないものです。

後を継ぐことになったら、
その歳のお彼岸から、
どんな準備をいつから始めるか、
飾りつけはどんなふうにするか、
全て控えておいた方がよいでしょう。

毎年のことを毎回聞くのはよろしくありませんので、
1度聞いたらあとは聞かずにできるように
しっかり控えておくといいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑