夏バテと秋バテの違いは?秋バテの解消法と実際に回復させた方法!

公開日: 

秋バテ

子供がいるので、夏休みが明けると同時に
夏も終わりだな…と感じます。

少し前の私は、夏も終わりだと感じた理由に、
体調不良もありました。

最近ではこの夏の疲れの症状を、
「夏バテ」とか「秋バテ」と呼んでいますね。

スポンサードリンク

夏バテと秋バテの違いって?

「夏の疲れ」と一括りにしてもいいのですが、
せっかくなので、夏バテと秋バテに分けてみましょう。

 

● 夏バテの主な症状とは

・胃腸(胃痛、胃もたれ)
・食欲不振
・吐き気
・便秘
・下痢
・吐き気
・倦怠感
・めまい
・肩こり

 

● 秋バテの主な症状とは

・食欲不振
・便秘
・下痢
・吐き気
・倦怠感
・怠い
・無気力
・思考力低下

症状ってよく似ているものが多いです。

ただ、夏バテ胃腸の動きが悪くなって起こる
胃痛や胃もたれ
がきっかけで便秘や下痢、吐き気を
感じている人が多いのに対して、
秋バテは夏バテの症状に、怠さや無気力といった、
なぜ起きているかわからない、
はっきりとした病名が付きにくい
ものが
含まれてくるようになります。

8月が終わって、今年は夏バテはしなかったぞ~!と思っても、
9月以降、やる気が起こらず、
何をしていいかわからなくなったり、
何もしたくなくなったりすると
それはもう、秋バテと言っていいかもしれませんね。

秋バテの解消法は?

9月を過ぎてから体調不良を感じたものを、
ここでは秋バテとして紹介します。

その秋バテの解消法をご紹介しますね。

秋バテは、夏の間に冷たいものばかり
食べたり飲んだりしてしまったり、
一日中冷房の効いた室内にいたりすると
体の中(胃腸や内臓)が冷えてしまい、
体全体の働きが低下している状態になって起きています。

夏の暑い時期は、レジャーなどで何とか乗り切れても、
少し涼しくなり始めると、張っていた気も緩み、
体の疲れが一気に出てしまいます。

有効な秋バテの解消法は
とにかく体を温めることです。

 

38~40度の温めのお風呂にゆっくりつかる

少し温いかな、と思うくらいのお湯に、
ゆっくり長くつかることをおすすめします。

夏の暑い間は、シャワーで簡単に済ませるという人も
多いかと思いますが、
9月に入ると、日中は暑くても、
朝や夜は、いくぶん涼しくなってきていますよね。

クーラーを消し、窓を開ける人も多くなるでしょう。

体が暑いと感じても、芯は冷えている場合があります。

ゆっくりと湯船につかりましょう。

 

体を温める食品を食べる

ねぎや生姜、ニンニクなどの薬味野菜を
多く摂取しましょう。

ねぎや生姜は、食欲増進の効果があり、
またニンニクは、体力増進の効果もあります。

とくに生姜が体を温めてくれることは
多くの人も知っていらっしゃると思いますが、
冬の風邪予防に、早めから摂取するという考えも
いいかと思います。

旬を迎えるカボチャやさつまいもは、
植物繊維も豊富なので、
便秘に悩んでいるのなら、なおさら、
料理に積極的に使いたい食物ですね。

私の実家はさつまいも農家なので、
スーパーで買う人よりは贅沢に
天ぷらにしたり味噌汁に入れたり、
鶏肉と一緒に煮たりしています。

 

発酵食品や粘り食品で腸内環境を整える

ヨーグルトなどの発酵食品で腸内環境を整えたり、
粘りの出る食品で粘膜を保護するのもいいでしょう。

腸内環境が整えば、それだけで体はだいぶ楽になりますよ。

スポンサードリンク

秋バテを実際に回復させた方法!

昨年は夏バテも秋バテもしなかったのですが、
実は2年前まで、夏バテも秋バテも経験していました。

それも5年くらい前から夏から秋にかけて続いていて、
冬になると落ち着くを繰り返していました。

私の場合は胃腸の弱りと、それから来たであろう
小腸の動きの低下です。

5月ごろから軟便になり、
内科でずっと胃腸を整えるビオフェルミンを処方され、
何ヶ月も飲んでいました。

欠かさず飲んでいましたが、それでも
軟便からひどい時は下痢になり、
胃カメラや大腸の検査までしましたが
良性のポリープが胃にあっただけで
手術もすすめられませんでした。

それでも軟便が治まらず、MRIを受けたところ、
小腸の壁が3ヶ所、厚くなっていました。

とはいえ、何か治療できる方法もなく、
あるとすればステロイド剤を飲むということだったので、
食事療法と運動で何とかしようということになり。

煮たき物中心の食事と、朝夕のウォーキングを取り入れました。

また、ヨガも取り入れました。

ヨガの先生によると、私が下痢が続いていると言うと、
自律神経の乱れから来ていると指摘され、
他に弱っている内臓を、軽く押しただけで言い当て、
体がきつい時はこういう動きをしたらいいよと、
部位によって違うヨガ運動を教えてくれています。

1週間に1回、90分ですが、
続けていくと、更年期もきつくなく過ごせるだろうと
言われています。

20年以上続けている人がたくさんいるところなので、
その通りなのだろうと思います。

ということで、ヨガもおすすめですよ。

今はもう、飲み薬は飲まなくても少し軟便かな?程度まで
戻ってきていますから。

関連:喉のつまりと吐き気は逆流性食道炎?胃カメラで異常なしの本当の原因

 

まとめ

秋はとくに食材に恵まれた季節なので、
旬の野菜を上手に摂取して、
秋バテを解消して下さいね。

ただし、何日間も秋バテの症状が続いたり、
何か不安な要素があり、心配になるくらいなら
病院を受診することをおすすめします。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑