夏コミの暑さ対策!汗対策やメイク法 化粧直しにトイレは向かない

公開日: 

コミケ

夏のビッグイベントに夏コミがありますね!

私も何度も行きましたが、地方とは違い、
あの人混みと暑さには嫌気がさしてしまいます・・・

それでも行くんですけども。

コミケ雲ともお友達~♪

とにかく、あの暑さだけは、どうにかしないとヤバいので、
暑さ対策として私がやっている方法をご紹介しますね。

スポンサードリンク

夏コミの暑さ対策は?

会場内に入る前にもかなり並びますので、
その時から小まめに水分を取ります。

日傘などは危ないので、大き目の帽子をかぶり、
その中に保冷剤を入れ、
背中には汗をかいたら首元から引っ張るだけでとれるタオルを
入れています。

中に入っても、今度は蒸し暑くなるので、
水分は必須。

涼を取るための扇子も必須です。

団扇だと荷物になってしまうので、
使わないときにはしまっておける、
小さめの扇子を持参しています。

欲しい人の本を、前日までに友達と相談し、
誰がどの本を購入するか、あらかじめ決めておきます。

会場内はどこも暑いのですが、
それでも少しでも涼しいところを見つけておき、
そこを待ち合わせ場所にして、
それぞれが別々に行動します。

こうして、少しでも時短を考えています。

荷物も増えてくるので、
行くときは1人より、複数の方が楽ですね~。

夏コミの汗対策、おすすめはコレ!

会場内にクーラーは設置されてはいますが、
とにかく人が多すぎて、ムワムワしていて、
効いているとは思えません。

汗も大量にかきますので、それがもとで体調を崩して
医務室に連れて行かれる人が多いので、
飲み物もしっかり持っていきましょう。

飲み物も、お茶系はやめたほうがいいと思います。
あれは体から塩分が減りやすくなってしまうので、
おすすめはスポーツ飲料系ですね。

スポーツ飲料のペットボトルを、
通常の冷蔵庫で冷やしたものと、冷凍庫で冷やしたものを用意し、
冷凍庫で冷やしたものは、朝のうちに半分ほど自然解凍しておき、
水分が必要になった時点で、通常に冷やしたものを
半分凍ったペットボトルに入れ、そちらを飲むようにしています。

ただし、一気に飲んではダメ。
たくさん飲んでしまうと、それが引き金になって汗を大量にかいてしまうし、
トイレにも行きたくなってしまいます。

トイレは非常に混んでいて、20分待ちは当たり前になっているので、
行きたくなる前にすませることが一番です。

 

汗対策でやっていることは、絶対に下着を着用すること。

下着は普通につけているよ!という人もいらっしゃるでしょうが、
ここで言う下着とは、インナー(アンダー)用のシャツのことです。

暑いので着るものを少しでも減らしたいものですが、
夏場用のインナーで、発汗することで涼しく感じるものも
最近はよく売られています。

あれは本当に効くので、着たほうがいいと思います。

子供のあせもが、あれを着させただけで途端によくなりましたから。

出来れば長袖がいいくらいです。

帽子をかぶる予定があるなら、その中に保冷剤を入れておいても
汗は軽減しますよ。

首の後ろも冷やしたいところですが、
タオルに保冷剤を首に巻いておくのは
見た目的に嫌だ、と言う人は、
汗拭きシートをおすすめします。

男性用のボディ用デオドラントシートを使うと、気持ちいいです。

スポンサードリンク

夏コミに行くときのメイクはこうやる!

一般参加者さんは、とくにメイクをする必要もないかとは思いますが、
この時期、外へ出る時は日焼けなども気になりますよね。

若い時にあまりその辺りを考えずに行ったとき、
日焼けで大変なことになったことがあるので、
それからはしっかり日焼け止め+化粧をしていきます。

あまりの人の多さに、化粧崩れを気にしている人は
そんなにいないのですけど、
それでも好きな人のブースで、本人に会う時に
化粧崩れしていると、やはり嫌ですよね。

私がやっているメイク法です。

① 洗顔後、化粧水をたっぷり塗り、染み込ませる。
② 日焼け止めの入った下地を塗り、リキッドファンデーションを塗る。
※いつもは手で広げて縫っていますが、暑いところで長時間いる時は、
濡らして湿気のあるスポンジを使い、ファンデーションを塗っています。
こうすることで肌にしっかりとファンデーションが密着するらしく、
化粧崩れはしにくいです。

③ フェイスパウダーをのせる。
④ アイシャドー、マスカラ、チークをのせる。
⑤ 仕上げ化粧水をスプレーする。

トイレはかなり混雑しているので、化粧直しに手洗い場を使うことは
他の人の迷惑になりかねません。

手鏡を用意し、汗をかいたと思ったら、早めに
あぶらとり紙などで抑えています。

そのあとは必ず化粧水をスプレーし、しっかりと保湿しています。

このやり方に定着してから、ずっとこの方法で行っています。
帰りの電車に乗る前にチェックしますが、
その時も化粧直しはしませんね~。しなくても大丈夫ですから。

まとめ

一度参加すればわかりますが、
とにかくすごい人出で、驚きますが、
その人出がちょっと好きだったりします。

趣味が同じだからですかね?
目的の作家さんのブースに並んでいる人を見ると、
仲間的存在を感じたりします。

体の弱い人や人混みが苦手な人にはおすすめできないので、
そういう人は通販での購入がいいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑